google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 2019年の十五夜はいつ?月見団子と秋の七草の意味とは? | 知りたがリスト

2019年の十五夜はいつ?月見団子と秋の七草の意味とは?

こんばんは、あなたは最近、月とか見てますか?

♬~浴衣の君は~ すすきのかんざし~

上弦の月だったけ~ 久しぶり~だね~
    

      月見るなんて~♬ 

これは、吉田拓郎さんの大ヒット曲「旅の宿」の一説ですが

満月は、年に12~13回ありその中で
なぜ「中秋の名月」と言われ
なぜ「お月見」をするのでしょうか?

もう一つの「仲秋の名月」とは?

なぜお供えを「お団子」にして
「秋の七草」を飾るのか?
その秘密を解き明かしたいと思います。

スポンサーリンク

2019年の十五夜はいつ?

2019年の十五夜はいつ?
なんてタイトルをつけましたが

その前になぜ毎年十五夜の日にちが
違うのかをお話します。

中秋の名月の由来?

昔から日本にあった風習ではなく
隣の国、中国から伝わって
来たものでした。

唐の時代には、すでに「中秋の名月」を
鑑賞してたようで、それが日本に
伝わって来たのは、平安時代。

中秋の名月とは

中秋の名月は、別名「十五夜」

秋の真ん中の日を中秋と言い

中秋の名月といえば
旧暦の8月15日の名月の事
なんです。

こちらの
仲秋の名月は

旧暦の秋といえば
7月・8月・9月を言い

7月を初秋・8月を仲秋・9月を晩秋

なので、仲秋の名月と言えば
8月の名月という意味になります。

最初は、身分の高い貴族の間で
行われていたのですが、次第に

時代とともに、武士や町民まで
広まっていきました。

中秋の名月が毎年違うのは?

旧暦(太陰暦)では、8月15日が
十五夜で
月の満ち引きで暦を決めて

新月を1日としていたため十五夜は
毎年同じで
満月だったのです。

しかし現在は、太陽暦になったため
両者の日付に関連性がなく
「お月見」も一定しません。

なので、太陰暦を太陽暦に
変更しているので
毎年違ってくるのです。

暦での月の呼び名

・新月(しんげつ)/朔(さく)

・二日月(ふつかづき)

・三日月(みかづき)

・上弦の月(じょうげんのつき)

・十日夜(とおかんや)

・十三夜(じゅうさんや)

・小望月(こもちづき)

・十五夜(じゅうごや)(まんげつ)

・十六夜(いざよい)

・立待月(たちまちづき)

・居待月(いまちづき)

・寝待月(ねまちづき)

・更待月(ふけまちづき)

・下弦の月(かげんのつき)

・有明月(ありあけづき)

・三十月(みそかづき)

月待ちとは?

「月待ち」というしきたり
がありまして、「十五夜」「十七夜」

「二十二夜」「二十三夜」など
特定の月齢の日にたくさんの人々が
集まり、お供えものなどをして

月が出てくれば、拝んで
飲食をしながら、月の出を
待つ信仰行事。

特に1月・5月・9月・11月の
二十三夜が、頻繁に行われた
とのことです。

しかし、だんだんと信仰的色彩は
うすれ、娯楽的な要素が強くなって
行きました。

「月待ち」の中でも、最も盛んだったのは
「二十三夜」で月の傾き加減や位置などで

占いをしたり「立待ち」と言って峠などに
行って、月の出を迎えに行き、そこで拝んで

帰って来る信仰行事が盛んだった
名残りが「二十三夜塔」や「三夜供養」の

文字を刻んだ石塔が数多く見られるので
盛んであったことが伺いしれます。

このように日本人が「月」に
対する想いが垣間、見れますねえ。

2019年の十五夜は?

今は、新暦(太陽暦)になっているため
旧暦の8月15日は、年によって違いが生じ

また満月になるとは、限らなく残念ながら
満月でないことのほうが多くなっています。

2019年の十五夜は、9月23日(月)

2019年の十三夜は、10月11日(金)に

なっています。

※各地には、「十五夜をしたなら必ず
十三夜もしなければならないと言う風習があり」

ちなみに「十三夜」は「日本独自のもの」

なぜ中秋の名月なのか?

年に12~13回も満月があるのに、どうして
中秋の名月が特別日とされるのでしょうか?

季節的に春や夏に比べて秋は、空気中の

水蒸気量が少なく、空気が澄んでいるため

月があまり霞まなく、鮮やかに見えるのです。

まだ電気というものがなかった時代
外は、真っ暗で月明かりのみの世界

見上げると「お月さま」が光輝いている
そんな神秘的で、華やいだものは
他になかったと思われます。

自然の美しさや心情を
表現できるのは「月」しか
なかったのでは?

十五夜に月見団子の意味?

昔、農業や漁業を行う上で
月は、欠かすことのできない存在で

月の満ち欠けにより月日を知ることが
(約29日で満月~新月を繰り返す)
できました。

十五夜は、収穫をお祈りし

十三夜で、その年の収穫に感謝し

お米の団子を供えてたのが

「月見団子」始まり

 だったと言われています。

お月さまと同じように
丸いお団子を食べることで

健康と幸せを得ることが
できると考えられていました。

それとお団子を山形に積むのは
団子の先端が霊界に通ずると
信じられるためだそうです。

スポンサーリンク

十五夜になぜ秋の七草の意味?

春の七草は、食べますが

秋の七草は、主に観賞用で

薬や日用品の材料として
重用されて来ました。

【ススキ】

花言葉:活力、生命力、心が通じ

もともと稲穂というものは
「月の神様」を招くため
 お供えされていました。

そのため収穫期の稲穂がすすきに
似ているため稲穂に見立てて
いたわけなんです。

すすきは、切り口が鋭いと
いうことから魔除けとして
用いられお月見が終わってからも

たんぼや庭先に指したり
軒下に吊るして置くと一年間病気を

しないと言う言い伝えも
地域によりあります。

【キキョウ】

花言葉:変わらぬ愛、誠実、気品

戦国武将は、この花の形良さも
手伝って家紋に用いられました。

また桔梗の根を乾燥させ粉末にしたものは、
咳や痰の薬として用いられていますが
絶滅危惧種に指定されています

【ナデシコ】

花言葉:無邪気、純愛、貞操

日本女性の清楚さを表現した
「大和撫子」はこのなでしこが由来。
可憐な淡紅色の花が咲きます

【クズ】

花言葉:芯の強さ、根気、努力

開花時期8/15~9/末頃

ひと夏で10mも成長するため
まわりの木々を覆ってしまう程

大和の国(奈良県)の国栖(くず)
葛粉の産地だったのが命名された理由

【フジバカマ】

花言葉:優しい思い出、ためらい

開花時期 10/1~11/25日頃

たくさんの小さなピンクの花が咲き
花の色が藤色で花弁の形が袴(はかま)
に似ているところからこの名前に。

【オミナエシ】

花言葉:美人、はかない恋、忍耐

「おみな」は、女性
「えし」、へし(圧)で
美女をも圧倒される美しさから
名付けられたそうです。

【ハギ】

花言葉:思案、想い

萩の特徴として古い株から芽を出すため
生芽(はえき)や生え木と呼ばれ
それが次第に言葉が変化し「萩」に
なったとされています。

春の七草

「七草粥」にして無病息災を

祈るのに対して

秋の七草は、

その花の美しさを鑑賞するため

7種が一緒に祭祀などに使われる

ことはありません。

薬用など実用的な草花として
昔の日本人に親しまれた
ものが選ばれていることです。

スポンサーリンク

十五夜は、  旧暦8月15日の夜

中秋の名月は、旧暦8月15日に見える月

仲秋の名月は、旧暦8月に見える月

まとめ

平安時代の貴族たちは、どのように
「お月見」を楽しんだのでしょう。

聞くところによると
今みたいに直接、月を見たんではなく

池に舟を浮かべて水面に映る
月を眺め詩歌管弦の宴を行い

また盃に月を映したりナスや
きゅうりに穴を開けそこから
月を眺めていたといわれています。

なんと贅沢な「お月見」なんでしょう

今みたいにTVとかスマホや車が
あるわけではないのですが

不思議と平安貴族のほうが遊びに
関していえば「通」なのかもしれませんね。

2019年の「中秋の名月」は9月23日です。

そういう「平安の世」に想いを。。。

                    

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

春分の日と秋分の日に墓参り行くワケ?お彼岸に天ぷらとは?
サラリーマン川柳2019年一覧!ベスト10の発表はいつ?
お正月の準備はいつから?これだけは知っておきたい「事始め!」