google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 喪中の初詣はいつから?神社とお寺参りの違いを詳しく説明! | 知りたがリスト

喪中の初詣はいつから?神社とお寺参りの違いを詳しく説明!

年始めあなたも初詣に出かけ
神社やお寺に参拝し新しい年を

迎えて穏やかに1年の無事と
平安を祈願したりしますよね。

しかし近親者が亡くなられて
お正月が喪中ないし忌中の期間に
なったらどう過ごせばいいのか

あなたはご存知ですか?

そこで今回は喪中と忌中の違いと
神社やお寺によっても違いが
あるのかを詳しく調べて見ました。

スポンサーリンク

喪中での初詣いつから?

喪に服するというのは一般的に
近親者が亡くなった場合一定の期間
故人を偲び身を慎むことを「忌服」と言い

玄関(門松)などへの
飾り付けやお屠蘇などでの
お祝いはしなかったものです。

また年始まわりや神社仏閣への
初詣も控えてました。

忌中と喪中の意味合いの違いは

まず「忌中」とは亡くなった人の近親者が
喪に服す期間をいい
血縁関係により忌中や
喪中の期間が定められています。


一方「喪中」とは亡くなった方を
偲ぶ期間をいいましたが
亡くなった方との
関係性により期間も決まっていました

最近では、血縁に関係なく
1年間を「喪中」とする考え方が
大勢を占めて来ています。

スポンサーリンク

神社とお寺の違い

神社は?

喪中と混同される「忌中」は神道の
言葉で死を恐れ忌み憚るという意味に

だからこの期間50日祭を
迎えると忌明けになりこのあとは
鳥居をくぐることが出来ます。

またお正月中に50日祭が済んでいれば
お参りが可能に。

忌中があけると参拝できるということを!

「江島神社の鳥居」のフリー写真素材

忌中の期間中は鳥居をくぐったり
参拝行わないほうがいいと言われてます。

神社は、死を「穢れ」(けがれ)
ととらえるため「穢れ」とは「気枯れ」

身内の死により気力が無くなっているし
ましてや穢は伝染するとも言われてますから
初詣は、行かないほうがよろしいかと
思います。

 お寺は?

鳥居ではなく山門がありお参りの際
手を合わせお題目を唱えます。

神社とは違ってお寺は、死を穢れとは
仏教では教えておりません。

なぜならお葬式をお寺で執り行うこともあるし
葬儀後の法要の時もお坊さんが来てお経を

となえられます。なので初詣はお寺に行って
故人のご冥福をお祈りして下さい。

生まれ変わる境涯を決定するのは、
前世の良し悪しで決まります。

「吊るされた鐘」のフリー写真素材

仏教の場合四十九日を(中陰)といいます。
亡くなってから7日ごとにエンマ大王による

裁きが行われ極楽浄土に行けるかの
判定が下されるのが四十九日なんです。

まとめ

私達の身の回りでは意外と常識?
と思われていることが勘違いを
含めて多いような気がします。

神道は日本古来の宗教でかたや仏教は、
6世紀ごろインドより入ってきます。

その時の私達のご先祖さまは、
仏教を排斥するのではなく
懐が大きかったため受け入れました。

それから時代とともに神道の良い所と
仏教の良い所が融合し現代に至った
と思われます。

そのため日本人のはっきりしない
抽象的な所がある反面、これが長所であったり
短所でもあるのですがそれが間違いやすい

神道と仏教の要因になっていると思われます。

このように神社やお寺や忌中や喪中によっても
変わっていきます。それ以外に地方の習慣が
加わるため詳しくは、お寺ないし神社に
お問い合わせください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

香椎宮(福岡)の由来と御祭神は!魅力あるご利益って何?
鳥飼八幡宮といえば縁結び!なでうしと不老水で健康運UP!
櫛田神社節分大祭で開運招福!見どころ満載&豆まきゲストは?