google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 世の中のある疑問とは?春を題材に選りすぐりの5作品を紹介! | 知りたがリスト

世の中のある疑問とは?春を題材に選りすぐりの5作品を紹介!

今回は、数多くある疑問の中から
春に絞った題材を5つご紹介しましょう。

スポンサーリンク

世の中のある疑問とは?春の選りすぐり5作品!

1)春になると眠くなるのはなぜ?

あの有名な「春眠暁を覚えず」
(しゅんみん、あかつきをおぼえず)

春になれば、いくら眠っても
寝たりないと、思ってませんか?

私なんか、年中、眠いですが

まあ日本人の平均睡眠時間は7~8時間

でも日本人って、なぜか睡眠時間が
短い方が偉いみたいな
そういう風潮ってありません?

しかし、世の中は、広かった

そんなこと言ってたらキリンに
笑われます。

聞くところによると、キリンの睡眠時間は20分

それも20分の中で、熟睡出来ているのは、たったの2分

身体は、眠ってても、脳は起きている状態(レム睡眠)
敵に襲われたらすぐに起きて「猛ダッシュ」で

逃げなければ行けないから、寝起きで
ボーとしていたら食べられてしまう

その恐怖心で、眠ることが出来ない
というのも大変ですね。

仕事中「眠くなったら、キリンのことを考え
ココは、耐えましょう」

そして春になると
太陽も早く「おはよう」と
言って地平線から顔を出します。

眠っている時間は、変わらないのですが
あまり熟睡できない、つまり眠りが浅いため

昼食が終わった、あたりからモーレツな睡魔が
襲ってきますよね。

経験あるでしょ。

もう一つの原因
気温が上がるため身体も活発に動き出し
新陳代謝も盛んになるため、それに伴って

ビタミンB1が不足するせいで眠くなると
言われています。

ビタミンB1って、言われて思い浮かぶのは
豚肉。「豚キムチ炒め?」身体には、良さそう!
でも最近は、匂いが~。

2)「山笑う」ってどういう意味?

最近TVでブームの俳句!

俳句の世界には、独特の言い回し(表現)がありますね。

「山笑う」というのは、
厳しい冬を耐え忍んできた木々が
春になると、いっせいに芽吹き

山全体が明るい色を帯びるさま
絶妙にたとえているのです。

「おもむき」がありますよね。

この場合も見ている、対象が遠くの山々ではなく
季節の変化とともに、移リ変わる木々や草花のことを
言っております。

そんな草花の表情を観察しながらの日々の暮らしが
あったのだと推測されるでしょう。

スポンサーリンク

3)3月3日を「桃の節句」と言うのは?

なぜ3月3日を「桃の節句」というようになったのか?

元をたどって、行けばやはり中国に辿り着きます。

そもそも中国では、桃は古くから魔除けとして
信仰されていて、邪気を払うものとされていました。

桃から木へんを取れば、「兆」の字になるので、
吉兆や兆候など「良いことが起こる前触れ」と言う
ところから、桃は魔除け信仰につながっていきます

この頃には、すでに「節句の花見」として
春の農耕が始まる時に山への登り、神の依代である

その季節に咲く花の下に集まり宴会をする風習があって
旧暦の3月3日は現在で言えば、4月上旬

この頃咲く花は、桃の花だったそうです。

中国から伝わって来た風習と日本の農耕の風習が
結びつき、3月3日の「桃の節句」=「ひな祭り」の
図式がだんだんと形成されて現在に至っております。

4)梅と桜は、何度で花が咲く?

春とともに訪れる、うららかな日差し。

1日の平均気温を押し上げ 5℃以上
なると植物が活動を始めるそうです。

この期間を「植物期間」といい
農作物の栽培の限界や適否などを
表す指標にも利用されています。

統計をとっておりますと京都で
平均気温が5℃を超えるというのは

2月20日頃になり

この頃京都では梅が開花します。

梅の後の花といえば、「桜の花」

平均気温が 10℃ を超えるあたり
京都では4月2日頃に桜が開花し

これで、春もいよいよ本番に!

この素晴らしい自然界のシステムを
人間が壊そうとしてる?

5)新茶はなぜいい香りがする?

唱歌「茶摘み」
♫~ 夏も近づく八十八夜 ♫~

新茶の季節は、立春から数えて88日
つまり5月2日頃に。

新茶といえば芳しい香り「嗅ぐ」と

いい気分になるのは、どうしてだと思います?

それは、お茶には、青葉アルコールという成分が
含まれていて、あの香りを醸しだしているそうです。

不飽和アルコールで、ストレスを解消
脳の前頭葉を
活性化する効果が。

このように新茶には、アルコール分や
旨味成分のテアニンが豊富に含まれているので

味も香りも楽しめる時期なんですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、春の選りすぐり5作品と題してご紹介しました。

冬の厳しい寒さに耐え、春を心待ちにする光景が
見えてきますよね。

しかし改めて、知らないことの多さに驚き

「新茶」項では、昔の人は、科学的な結果など
わからなかった時代に、なぜこれが身体に
いいのかわかったのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

和物小物の由来の5選!先人たちに学ぶ生活の知恵とは?
これだけは知っておきたい「お造り・洗い・たたき」?お刺身との違いは?
紅葉を見るのに「狩り」とは何故?きれいに色づくための3要素?