google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 桜開花予想と桜前線はいつから必要になったの? | 知りたがリスト

桜開花予想と桜前線はいつから必要になったの?

九州の福岡でさえ、すごく
寒い日々が続いておりますが

北陸以北の地域の降雪量や気温に
比べれば、まだまだ福岡なんて暖かいって
言われそうですねえ~。

そんな「冬将軍」が日本に居座っておりますが
しかし確実に春の足音は聞こえて来ています。

※冬将軍とは
正式には「シベリア寒気団」といい
冬将軍は、厳しい寒さを擬人化したもの

フランス皇帝「ナポレオン」がロシアに遠征
しかし酷寒の大地のため多くの兵が命を落とし
やむなく撤退、そのことをイギリスの新聞が

「general frost ナポレオンが負けた」と
書いたので日本語では「冬将軍」と訳しました。

話がそれました。もとに戻します。

春の代名詞といえば「桜」ですが
よく歌にも登場したり国花ということもあり
最も身近に感じる「花」。

また年度末と言うこともあり「別れの季節」に
ぴったりの花「桜」が登場し演出してくれて
まるで映画のワンシーンように
写しだされます

その桜の開花予想は
毎春2009年までは気象庁が発表していましたが

2010年から民間のウエザーニュースに変更となり
さらに「サクラプロジェクト」によって開花予想が
伝えられはじめました。

2018年の福岡の桜開花予想は
今の所3月24日頃との情報です。

とココで気になってしまった事が。。。

そうなんです。
今まで何気なく聞いていましたが
よ~く考えたら不思議だと思いません。

それは、
1)開花予想はいつから始まったのか?
2)なぜ開花予想なんて必要なのか?
3)なぜ桜の花なのか?
4)なぜ桜前線と呼ぶのか?

そう考えると、不思議なことばかり

そういう時は
私「知りたがリスト」を呼んで
いただければあなたにこっそり教えます。

スポンサーリンク




開花予想!

開花予想はいつから?

さっそく色々と調べてみますと

そのはじまりは、明治末期~大正初期にかけて
日本各地で、農作物の冷害が多く報告された年
があり

気象の状況により
「植物の生育を予想し、
農法や栽培品種を育てるため」や
その対策のため
始まったとされてます

「桜無料画像」の画像検索結果

開花予想はなぜ必要になったのか?

その解決案として

「植物の生育を予想して品種の改良」などに
生かすためや
技術開発につなげることを
目的として
始められたのが最初でした。

その前までは、農業気象研究のひとつ
だったので公表することはしなかったそうです。

しかし
1951年をさかいに東京の「桜の開花予想」を
始めた所、それが次第に全国へと広がって
行ったと思われております。

それが2009年を目途に気象庁は開花予想
を取りやめ民間の気象会社にまかせたので
現在は観測のみを行っています。

スポンサーリンク

なぜ桜だったの?

桜の語源は?

桜は、奈良・平安時代から「花の咲く木」と
呼ばれ「咲く」の複数形が「等(ら)」となり
それが転じて「桜」と呼ばれるようになったと
言う説もあります。

桜になった理由?

今までは、春の花と言えば「梅」や「桃」と
言われてきましたが平安時代の国風文化の
影響を受けた「桜」が特別な位置を
占めるようになりました。

また桜はバラ科スモモ属サクラ亜属に
分類される落葉広葉樹。

品種ソメイヨシノ

そういうことも含めて江戸期以降
全国でもっとも多く栽培されているのが
「ソメイヨシノ」なのです。

エドヒガンとオオシマサクラの
種間雑種として出来ており

「ソメイヨシノ」は接ぎ木(つぎき)で
増やされたためすべてがクローン(つまり同一遺伝子)
ということは、日本は昔からクローン技術の
最先端を行っていたの?

つまり
花や葉が同じで、同じ気象条件では開花日も
同じということに
なリますよね。
まして全国的に見たら標準木としては、最適。

そんなわけで春になると、桜の開花予想は
こんな形で出来上がっていったのですね。

これであなたも「さくら通」!

余談ですが
この頃の花見といえば和歌を読んだり
してたようですが

豊臣秀吉の頃から酒宴が開かれるようになり
現在の花見の原型が形成されて行ったとされています。

もう少しお付き合い下さい

農民の間でも春になると豊作祈願のため
神様を向かい入れる儀式「春山入り」
と言うものがあり桜の樹の下で

みんなで持ち寄ったお酒や食べ物を
お供えした後、飲み食いをしたという
「宴」の記述があり「庶民の花見」の
原型がこの時から始まったのでしょうね。

昔見た映画やテレビでは重税に苦しむ農民の
姿しかイメージできなかったのですが
思ってたより自由と言うものがあったんですよね!

時代が進み
室町時代まで多くの桜の園芸品種がありさらに
改良を重ねた結果600種類の品種が確認
されてます。

「桜無料画像」の画像検索結果

この様に「桜」は国の花ですが
しかし法律では、決められて
いないそうですよ!

桜は、武士の代名詞にもなっていて
「いさぎよさ」これが日本人受けする
理由でもあったわけです。

それと日本の年度が4月に始まることから
人生の節目や転機をいろどる花として
私達日本人に取って切り離して語ることの
出来ない存在でもあります。

「桜無料画像」の画像検索結果

なぜ桜前線と呼ぶのか?

桜前線は、マスコミが作った造語で
日本各地の桜の開花予想を結んだ線を
指す言葉で1967年から引用されていました。

そんな古い言葉だと思いませんでしたが

これは私なりの解釈なんですが
梅雨前線って梅雨時期に発生するんですが

梅雨前線は
その地域に雨を降らしますね

桜前線も桜を降らせるから
つまり「桜吹雪」が舞う光景を
イメージして命名したのだと
思いますが

あなたはどんな風に思いますか?

私が調べた範囲ではわかりませんでしたが

名付けた人はそう言う意味も
込めてつけたのでしょうか?

 まとめ

以上なぜ桜の開花予想が必要になったのか
ご理解いただけたでしょうか?

こうしてみると「桜の歴史」が
江戸期の「ソメイヨシノ」によって
「桜文化」開花します。

そして「花見」私達の祖先は、本当に
いいものを残してくれましたね。

明治になると武士階級がなくなり
みんなが庶民になり平等になったら

武士に対する憧れみたいなものが
出てきたのではないかと・・・。

桜の花の命も短く「パッと咲いてパッと散る」
その潔さを武士に重ね合わせたのでは・・と
あくまでも私の考えです。

この寒い冬を超えたら待ち遠しい
ポカポカ陽気の春がそこまで
来ています。

私は
桜を毎年見てますが
日本人に生まれて来て
幸せだと思える1つです。

今回も最後まであなたの時間を使って
いただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

山王公園(福岡)からの桜だより!うららかな春の花見スポット!
西公園(福岡)は桜百選!うららかな春の花見スポット2!
福岡の桜名所めぐり2018年!桜の絶景スポットはここ!