google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html ツノトカゲVS刺客5番勝負!出るか「伝家の宝刀」目からビーム! | 知りたがリスト

ツノトカゲVS刺客5番勝負!出るか「伝家の宝刀」目からビーム!

「失敗は成功の元」
最近はあまり使わなくなりましたが

失敗の中にこそ、そのヒントが隠されて
いるのですが、凡人の私はその失敗を
また繰り返すこととなるのです。

今回は、そういう苦労を重ねたと思われる

リーガルツノトカゲと言うイグアナ科
(ツノトカゲ科という説も?)を
ご紹介したいと思います。

「先日ダーウィンが来た」を何気なく
見ていたら形は小さなイグアナなんですが

「護身術の達人?トカゲ」なんて
紹介されていたものですから
知らず、知らずの内に
最後まで見てしまいました。

まあ見てた人は、わかると思いますが

見ていなかったあなた!

最後までお付き合い頂けたら
ありがたいですねえ~。

スポンサーリンク

リーガルツノトカゲVS刺客5番勝負

このような大げさな、タイトルをつけましたが
「時代劇風」に語って行きたいと思います。

A regal horned lizard Phrynosoma solare Sonoran Desert Tucson Mountains Tucson Arizona USA Photographed under controlled conditions

リーガルツノトカゲの棲み家?

まず
リーガルツノトカゲの住んでいる所は

アメリカのアリゾナ州からメキシコの
ソノラ州にかけて広がる砂漠。

日本の本州がすっぽり入る北米最大の
面積があり、乾燥しきった、この場所に

10年に1度の割合で花が咲き乱れる
スーパーブルーム現象を見ることが
できる年もあります。

リーガルツノトカゲの特徴は?

写真を見る限りでは、わかりませんが

体長は7~13㌢と小柄

体型は
非情に扁平で襞状(ひだじょう)の

角が1列に並び腹面の鱗は
なめらか、後頭部には短い角状の鱗があり

背中には赤、褐色、白、灰色などの斑紋
がはいっています。

活動するのはもっぱら昼間なんですが
気温が(この時46℃)最高になると

砂の中に潜り気温が下がるのを待つんです。

これだけ暑いと外出は、控えたくなりますよね。

リーガルツノトカゲの好物は?

大好物はアリ 

舌先を器用に操り
1日に約200匹のアリを食べ、栄養と水分も
一緒にとっていると言うから驚きです。

砂漠と言えば、ただでさえ、熱くて食料も
少なく、生きて行くのも大変なのに

しかしそれだけではなく
リーガルツノトカゲは

多くの刺客に「命」を狙われる
まさに「下剋上」の世界

そんな状況で
日々をおくっているのですが

境遇を
嘆きたいけど自然はそれを
許してくれそうにないし

もしあなたのまわりに喧嘩しても
かないそうにない強くて嫌な人がいたら

このリーガルツノトカゲの戦い方が
参考になるかも・・・。

それでは、いよいよ
リーガルツノトカゲVS刺客5番勝負と
題して、この物語がまもなく始まります。

パインヘビVSリーガルツノトカゲ

ソノラ砂漠には50種類以上のヘビいるため
歩いているとよく出くわします。

この日もお散歩中、突然パインヘビに出くわし
「ヤバイ」と思って隠れようとしましたが

時すでに遅し、見つかり睨まれてしまいます。
「もう怖くて怖くて」身動きも取れない状態に 

   危機一発!

幾度ともなくこの
修羅場を掻いくぐって
来たがこれまでか?

私も噛まれて死ぬのかなと息を殺して
テレビを見てたら、なな、なんとその瞬間
身体をヘビの方に投げ出すようにして大胆にも

ヘビの目の前でヒックリ返り
「死んだフリ状態」を続ける
リーガルツノトカゲ!?

私も最初、えっ、こんな戦法が通用するのか?

さあ~どうなることかと心配していたら

それを見たヘビもあまりにも
大胆で鮮やかな「引っくり返りの術?」を

使われて「さわらね神にたたりなし」と
ばかりにさっさと素通りして行った時

思わず笑いがこみ上げて来ました。

こんなにも鮮やかに
ヘビをダマせるのでしょうか?

私は、昔クマと遭遇(そうぐう)した時
有効だと聞いたことががありましたが

もしかして誰かにこの事を聞いて
マネしたのかな!

在は危険なのでこの手は使用出来ません。

モモアカノスリ(タカの仲間)VSリーガルツノトカゲ

何とか一人目の「刺客」は
追い返しましたが

地上ばかりではなく空からも
「いのち」を狙う刺客が。。。

そうモモアカノスリが上空から
「ツバメがえし」でリーガルツノトカゲに
襲いかかって来ました。

「あぶないっ」

危険を察知(さっち)した
リーガルツノトカゲがとっさに
姿勢を低くして伏せたため

まわりに溶け込んでわかりませんね。

コレが「影消しの術」といわれる
自分の気配を消すワザです。

こんな小さなリーガルツノトカゲが
自分よりも何倍も大きな動物と
戦わなければ行けない宿命

しかしここでも難なく敵を
やり過ごす事ができ本当に

「おぬし できるな!」と
言葉が出てしまいました。

クロオガラガラヘビVSリーガルツノトカゲ

ある時
匂いや体温を感知して近づいて来る
強敵クロオガラガラヘビと「目があった瞬間」

リーガルツノトカゲは、ここでも勝ち目がないと判断
逃げるが勝ちとばかりに反転し猛ダッシュで一目散に
命からがら逃げきりました。

孫氏の兵法

敵を知り己を知れば百戦殆うからず
(てきをしり、おのれをしれば、ひゃくせんあやうからず)

やはり逃げるのは、卑怯(ひきょう)なことではありません。

コレも兵法の極意(ごくい)

「戦わずして勝つ」

つまり相手の弱点を見抜き弱い部分を攻める

しかしその弱点がわからない相手には

無理に戦いを挑まなくても身の安全が大事です。

無理に命を捨てる戦いは見た目は
カッコイイですが死んでしまったら
「元も子もない」ですよ。

そうこうするうちに
息つく暇もなくまた新たな刺客が「お命頂戴!」
           (おいのち、ちょうだい)
とばかりに迫って来ました。

ハナナガヘビVSリーガルツノトカゲ

このヘビも強敵、動きがすばやいため
あっという間に眼の前に立ちふさがり
行く手を阻む。またまた一難去って一難
      (いちなんさっていちなん)

睨まれて身体が硬直(こうちょく)し
逃げようにも恐怖で足が動きません。

今回はさすがにもうだめだと
あきらめた時予想外の行動にでます。

「あ~食われる」と思った瞬間

ツノトカゲ背中のトゲトゲを
見せながら威嚇(いかく)。

トゲトゲを丸呑みするのは
危険だと言うことを身を持って
知らせたんでしょうか。

私は、この戦いはよくわかりませんでしたが
このヘビに対しては効果大でした。

ここでも難を逃れます。
見てる方も「手に汗を握る」
瞬間とでもいいますか
緊張しましたね~。

コレは「空手」の極意「円運動」に
私は見えました。動きは
ゆっくりだけど無駄な動きがなく
理想的な防御法!?

戦う相手によって戦法を変えもっとも
効果的なワザで対抗できるよう進化して
来たんですねえ。

素晴らしい関心しましたね。

スポンサーリンク

犬VSリーガルツノトカゲ

出会う敵はヘビや鷹などばかりではなく
大型動物の犬やオオカミの場合もあります。

今まで戦った相手は、自分より強い相手ばかり
なのにそれよりも強大な犬やコヨーテや狼
考えるだけでも恐怖に身が縮みます。

こう言う場合は「肉を切らせて骨をたつ」
戦法が功を奏します。

まず初めから犬の猛攻が始まります。
それをじっと耐えチャンスをうかがいます。

しかし大きく力強いパンチを浴び続け
後退をしていきます。

敵もなかなか「スキ」がなく反撃できません。

やられっぱなしの状態が続き意識が遠のいて
いくのを必死にこらえた瞬間、犬に「スキ」が
できました。

「よし今だ」

目から相手の目をめがけて蟻酸(ぎさん)
の入った目からビーム(血液)を発射する

これがいわゆる「肉を切らせて骨をたつ」
   「一撃必殺」の戦法

その威力は最大1メートル
    体内の血液の3分の1を
       放出するというすごさ。

まさに命を張っての自己防衛

さすがの「伝家の宝刀」切れ味バツグン!

犬はツノトカゲが小さいから
なめていたんでしょう。

手痛い攻撃を受け退散します。

ヒョウがネコ科第1位に繁栄したヒミツ?適応力と忍びの術?

まとめ

このリーガルツノトカゲの
戦い方は参考になりましたか?

戦う相手の弱点を知り自分の
長所、
短所を自覚し相手に対して
戦いを有利にみちびくことが
重要になってきます。

コレは「戦いの基本」

むかし剣豪と言われた「宮本武蔵」
その人を見てるように感じたのは
私だけだったでしょうか?

進化の過程で「失敗を成功」に転化した
良い例ではないでしょうか?

リーガルツノトカゲのご先祖様は
子孫のためにたくさんの
「負けいくさ」を経験。

その苦労があってこそ
今の臨機応変の戦い方が
でき、子孫は生き延びる
術を身につけました。

リーガルツノトカゲの戦う相手は
自分よりも何倍も大きく力強く

まともに戦ったら負けます。

しかし戦う状況になった場合でも
相手をよく研究しその弱点を見つけ
お互いを傷つけ合うわけでもなく

臨機応変に身に迫った危険を
「ヒラリヒラリ」とかわす術?を
私も学ぶ事ができました

あなたも参考になりましたか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマウマがシマシマな理由は冷却や虫よけをするため?仕組みや原理を大解剖!
ネコ科で第1位に君臨するヒミツとは?適応力と忍びの術って?
スズメバチの活動時期や行動範囲は?襲われた時の退避行動は!