google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html ライトアップウォーク千年煌夜2018!博多旧市街が光の競演に! | 知りたがリスト

ライトアップウォーク千年煌夜2018!博多旧市街が光の競演に!

秋も深まってきました。

これから年末にかけて、色んなイベントが
催されますが、それに伴って過ぎゆく秋を
感じられればと思っています。

今回は「博多旧市街ライトアップウォーク2018千年煌夜」と

題して
2018年10月31日(水)~11月4日(日)の
5日間、博多の旧市街の神社・仏閣がライトアップ!

そこには、幻想的な世界が再現されます。

2006年に始まった「博多ライトアップウォーク」も
今年を含めて13回目、それに伴って参加者もだんだんと
増え、去年は延べ12万人を記録しました。

平成最後にふさわしく初参加1寺を含め、16の神社・仏閣を

博多織をイメージした彩られた光の演出が楽しめ、各会場でも
秋の夜長を盛り上げる、さまざまイベントが開催されています。

それでは、準備ができましたので、ご案内いたします。

どうぞ!!

「博多旧市街ライトアップウォーク2018千年煌夜!」

今年は「博多織」777年を迎えるにあたって

五色に彩られた博多織の彩光をイメージし
神社仏閣を月夜に、色鮮やかに照らし出しています。

博多旧市街の歴史を重ねた景観をあなたにも
身近に感じて頂き、さらに魅力を再発見するイベントです。

博多織とは?

ここで
「博多織」について

福岡市博多区の特産の絹織物
日本三大絹織物の一つとされ
藩主黒田家から将軍家に献上。

最上級のものを「献上博多」と
いい伝統工芸品に指定されています。

特徴として
経糸(たていと)を浮かせて柄を織りだすのが
博多織。生地に厚みや張りがあって帯としての
用途に適し。

また、櫛田神社のそばの「博多町家ふるさと館」で
博多織の手織り実演や11月には、承天寺にて
「博多織求評会」が開催されております。

                         (ウィキペディアより抜粋)

博多旧市街ライトアップウォーク2018!千年煌夜

冷泉町エリヤ

◼櫛田神社(博多区上川端町1-41)

龍宮寺 (博多区冷泉町4-21)

◼「櫛田にぎわい広場」(博多区上川端町1-41)

◼「博多町家」ふるさと館福岡市博多区冷泉町6-10)

◼「博多伝統工芸館」(福岡市博多区上川端町6-1)

御供所町エリヤ

博多千年門(博多区博多駅前1-7)

承天寺(博多区博多駅前1-29-9)

妙楽寺(博多区御供所町13-6)

円覚寺(博多区御供所町13-11)

東長寺(博多区御供所町2-4)

呉服町エリヤ

善導寺(博多区中呉服町6-24)

海元寺(博多区中呉服町10-5)

本覚寺(博多区上呉服町14-21)

妙典寺(博多区中呉服町9-12)

◼一行寺(福岡県福岡市博多区中呉服町9−23)

◼正定寺(博多区中呉服町10-14)

◼葛城地蔵尊(博多区上呉服町5-147)

※ ■の印があるのは無料
   印がないのは、有料になってます。

入場料

前売り券  1,000円
当日券   1,500円

※入場券1枚で全会場が拝観でき
 期間中は1会場のつき1回の入場が
 できます。

しかし再入場はおことわりしております。

まとめ

11月にに入ると、さすがに夜ともなると
冷え込みますので防寒対策をお願いします。

私も初参加でしたので、場所が詳しくなく
まして、だんだん暗くなって来ると、的確な

判断ができなくなって困ってしまったことが
ありました。

最初は、どなたかが、先導されて回るのかな?と
思ってて、場所は、把握してしなくて参加・・・。

私も主催者の人に詳しく聞けばよかったのですが
わからないまま参加したのがまずかったですね。

場所を把握されて、コースもシュミレ-ションして
参加された方がいいですよ。

私も、博多には、30年近く住んでおりますが
こういう機会ではないと神社・仏閣の歴史に
触れると言うことは、なかなかないですよね。

かなり疲れましたけど、参加して本当に良かったと
思います。

時間の都合がつけば、参加された方がよろしいかと。
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

博多旧市街ライトアップウォーク2018千年煌夜!呉服町編!