google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 三菱MRJ90の型式証明はいつ?最新ニュースを紹介! | 知りたがリスト

三菱MRJ90の型式証明はいつ?最新ニュースを紹介!

三菱リージョナルジェット(MRJ)を
開発中の三菱航空機は、12月21日

国土交通省航空局(JCAB)から
「飛行試験確認書」を受領した旨の
発表がありました。

スポンサーリンク

最新情報

これにより、待ちに待った
JCABによる、アメリカの
ワシントン州モーゼスレイクで

MRJ-90型機の飛行試験を
2019年1月下旬に行うと発表。

三菱航空機の水谷社長は、
TC飛行試験(型式証明)は

「すぐに始められる体制だが
何月とは申し上げられない」と

あくまでもJCAB側の
判断次第との事を強調。

これまで、MRJの納期は
5度の延期により
2020年半ばまでずれ込んでいます。

関連記事

MRJエンジン国内組立初号機完成!

型式証明試験が始まる

国産初のジェット旅客機
三菱MRJを開発中の三菱航空機は
国土交通省のパイロットが乗り込み

型式証明の飛行試験が
アメリカで始まったそうです。

MRJを運行するために必要な
認証取得が最終段階に、差し掛かかり
1年程度の試験飛行を繰り返します。

2020年(オリンピックイヤー)は
はやぶさ2の地球への帰還

オリンピック・パラリンピック
MRJ-90型機の初号機納入と言った
大イベントが「目白押し」

伝え聞くところによれば
アメリカ、ワシントン州にある

三菱航空機の拠点から
3日(現地時間)に

エンジン機能の確認のため
試験機が離陸との情報もあり

三菱航空機(豊山町)で
改良した新型機2機も
今年中には、試験を行う予定。

その他の試験項目も準備が
整い次第、実施するとの事です。

関連記事


MRJってどんな飛行機

型式証明試験の続報?

今回の型式証明は、昨年12月の
予定では、1月初旬に開始でしたが

現地の悪天候などにより
結局2ヶ月の遅れとなりました。

MRJ-90の4号機
アメリカのワシントン州の
モーゼスレイク飛行試験センターで

国土交通省の査察官とともに
「TCフライト」
(型式証明飛行試験)を開始。

MRJ-90型機は
2020年の引き渡し前に

型式証明を取得する
必要があります。

MRJ-90型機の4号機は
当初の発表とは違い

若干のスケジュールの
見直しを図りました。

試験項目
内装・空気システム・火災防護

環境・自然氷結・推進システムなどに
関するものと、
されています。

今回、アメリカまでのフェリーは
MRJ-90型機の4号機を使用して
行なわれ

2016年11月15日
県営名古屋空港を離陸▶グアム国際空港

▶マジェロ国際空港▶ホノルル国際空港

サンノゼ国際空港を経由して11月19日到着。

MRJ-90型機としては、初めての
太平洋横断飛行となりました。

三菱航空機は、これから多くの試験項目を
消化して行くことになり、重要な項目を

実施した際には、できるだけ発表を
行なっていきたいと言うコメントで
締めくくりました。

エアアジアはMRJ20機を購入希望?

MRJ 二号機 前部ã け

2019年3月25日

アジアでも最大級の
格安航空会社のエアアジアグループの
最高責任者が

三菱航空機が開発中の
国産ジェット旅客機MRJを

「東南アジア路線向けに20機を
買いたい」との事を発表。

このことは、昨年11月に三菱航空機に
購入の旨を、伝えたとされ

「MRJの魅力の一つでもある
短い滑走路でも離着陸できる能力に
魅力を感じた」とコメント。

MRJもこれを機会に「大量発注」が
増える事を期待したいですね。


2019年 3月27日

三菱航空機は、開発中のMRJに
国土交通省の安全認証を速やかに
取得するため、

27日、アメリカの連邦航空局の
航空機の試験に精通した

パイロットをMRJに搭乗させ
効果的に運用するための許可を
受けたと発表。

このパイロットは、すでに2回
搭乗してると言い

このことから、三菱航空機は、
国交省の認証を得て、目標とする
2020年中に初号機を納入したい模様。


2019年4月17日

三菱航空機は、現在「MRJ」で
TC飛行試験(型式証明)をはじめていますが

今回、新たに設計変更した
試験機2機を追加し、試験のペースを
上げようと全力で、取り組む姿勢を強調
しました。

その内の1機が6月末までに完成。

すでにアメリカで
試験飛行をしてる4機と
9月までに合流する予定

安全性を追求した、この試験機は
電線の配置を変更した機体。

また6月に開かれる
パリ国際航空ショーに設計中の
「MRJ70」(座席数76席)の

コンセプトを披露など2020年までの
初号機納入に向けた、詰めの作業や

航空当局の認証を、日本を始め
欧米各国から2020年までに取得
したい考えを示しました。

まとめ

いよいよ
待ち望んだ瞬間。

しかしまだ多くの行く手に
試練が待ち受けています。

もう目処がたったと、本当は
思いたいですね。

今まで、培って来た技術を
絶やさないで、頂きたいと
思って、おります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ANAのA380は5月24日に就航!ホノルル線の予約開始!
B737MAX8航空機事故その後?運行再開はいつ頃に?
A350-1000はJALが導入予定!その特徴と就航はいつ?