google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 紅葉を見るのに「狩り」とは何故?きれいに色づくための3要素? | 知りたがリスト

紅葉を見るのに「狩り」とは何故?きれいに色づくための3要素?

秋も深まって来て、日本全国の山々が色づいて
「紅葉」が見頃に。

「紅葉」を見に行くのに「紅葉狩り」って
なぜ言うんでしょうね?

不思議ですよね。

気になると、他のことが手につかなく
なるので、知らべて見ました。

スポンサーリンク

「紅葉」を見るのに「~狩り」というのは何故?

紅葉狩りとは
草花を眺めたりする時、なぜ「~狩り」と
言うのでしょうか?

その答えは
「いちご狩り」や「ぶどう狩り」など果物を
採る時にも使われる「~狩り」

でも眺めるだけなのに「狩り」と言うのは
なんか変ですが・・・。

また狩猟する際
野鳥や小動物を捕まえる時にも
用いられて、いたのですが狩りをしない
(生き物の殺傷が苦手だった人!?)

貴族が現われ、自然を愛でることを
たとえたとする説や

紅葉を手に取り鑑賞したことから
ついたのではと言われております。

「紅葉狩り」と書いて「もみじがり」

普通に「もみじ」といえば楓(かえで)の
ことですが、これは、カエデに
限定しているのではなく

葉っぱが黄色や赤に色づくことも
「もみじ」というので、誤解のないように!

ココが、日本人でも難しい「日本語」なんですね。

スポンサーリンク

きれいに色づくための3要素

紅葉も場所によって、赤、黄、緑と
色のコントラストがはっきりしている所と
そうでない所がありますよね。

それには、理由があって
天気、昼夜の寒暖の差、そして水分

「紅葉になるための3要素」
と言われています。

「紅葉」になるための条件は、

天気が良く、強い日差しを十分に
浴びると生成される「糖類」

これが非常に重要な「元」となる部分で
美しくなるための下地なんです。

次に大切なことは、夜の冷え込みも
重要になってきます。

のんびり生きている私は、「暖かい」方が
いいのですが、美しくなるためには
それ相応の努力が必要なんですね。

ココで、暖かい夜が続くと、せっかく蓄積した
「糖類」が消費されてしまいます。

あなたも知っている通り、植物も常に呼吸していて
当然、夜も呼吸してますが、気温が低い時に

活動が低下すれば、蓄えた「糖類」の消費が
少なくて住むんです。

結果、それだけ色鮮やかに変身出来るのです。

最後に、美しくなるための条件の3番目は
やはり「水分」この時期、雨が降らないと
枯れてしまいます。

適度なうるおいは必須なんですね。

葉が赤や黄色に色づくのは何故?

「紅葉」といえば、カエデに代表されるように
「赤い葉」が人気がありますが

同じころ街路樹の「いちょう」や「ミズキ」なども
黄色く色づき、見る者を楽しませてくれます。

何故、もともと緑の葉っぱをつけているのに
赤くなるものと黄色くなるものとに分かれるのでしょうね。

それは、変色するメカニズムが違うためなんです。

黄色の葉になるのは
葉の葉緑素が分解されるため
もともと葉に含まれていた黄色の
色素のカロテノイドが目立ってくるためで

かたや赤く色づくのは
葉に蓄えられた糖類が分解され
赤い色素・アントシアンを作るためで
葉が赤くなるのは、そのためなんです。

黄色く色づく葉は

いちょう・ミズキ・マンサク・トチノキ

赤く色づく葉は

モミジ・ハゼノキ・ナナカマド・ニシキギ

ツタウルシなどが、色とりどり
私達を楽しませてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

◼何故「紅葉狩り」と言うのか

◼きれいに色づくための3要素

◼黄色い葉や赤い葉は、どのように
 して出来るのか、そのメカニズムを
 お伝えしました。

長く人間やってますけど
知らないことばかり・・・。

それでは、またお会いいたしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

世の中の不思議?夏の風物詩から選りすぐった5作品を紹介!
世の中の疑問?「お造り」「洗い」「たたき」お刺身との違いは?
世の中の疑問2?淡水魚と海水魚の違いは塩分濃度と順応性がカギ?