google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html JALが導入予定のA350-1000の特徴とは?就航はいつ? | 知りたがリスト

JALが導入予定のA350-1000の特徴とは?就航はいつ?

JALがエアバス機を発注するのは
旧日本エアシステムのA300以来初めて
合せてエンジンも初採用となっております。

ライバルのB787を徹底的に分析した結果?は
どうなったのでしょう。

JALが今まで、ボーイング一辺倒からエアバスを
選んだ理由もこれからお伝えしましょう。

スポンサーリンク

JALが導入のA350-1000とは?

A350XWBは、
胴体をB787より大きくしたため
機体規模も、当然大きくなり

B787ばかりではなくB777にも対抗できる
旅客機になりました。

標準型のA350-900  ⇒ B787-10に
長胴型のA350ー1000 ⇒ B777-300

A330neo ⇒ B787-8かB787-9に匹敵。

A350XWBは、ライバル機B787と同様に
CFRP(炭素繊維複合材)使用。

エンジンも
ロールスロイス・トレントXWBは
B787のトレント1000の改良型

ライバル機 B787の開発が難航していた時も
その原因を分析、そのせいでB787よりも
魅力的な旅客機に電子機器も一新され

よく「エアバスの787」
言われる程、よく研究されたのがA350なんです。

JALは
2013年10月7日に
A350XWBを最大56機、大量発注。

内訳は A350-900が18機
長胴型の A350-1000が13機の計31機

その他にオプションで25機を発注する契約を締結

A350-1000の特徴とは?

まずはじめに仕様から

A350-1000 は、A350XWBファミリーで
長胴型の機体。

全長は、73.78mで
    A350-900より6.98m長いのです。

座席数は、3クラス366席
               A350-900より40席多く

航続距離 14350キロ

最大離陸重量  308トン

エンジン    ロールス・ロイス製
        トレントXWBを搭載
        しています。

まず始めにA350-900を
2019年から国内線に投入し

A350-1000は
B777の後継機として国際線の

長距離用として導入されます。

静音エンジンとして、開発された
ロールス・ロイス製トレントXWBを搭載

B777やA340-600と比べて
燃費や1座席の運用コストが25%も
抑えられていて、改善されているようです。

鳥の翼からヒントを得て考案された
大きくせり上がった主翼の翼端が

飛行する状態の特性に合わせて
変化する1つと、されています。

同様にフラップも空力特性を改善

このシステムも95%がA350-900と共通とされて
いるので、コストダウンと裏打ちされた高い信頼性。

そして
タイプレーティング(機種別操縦資格)も共通と

A350-1000は、機体の70%に複合材
(炭素繊維強化プラスチック)や

チタニウムを使用することによって
軽量化が実現、燃費向上に一役買っています。

A350-1000が満載状態でB777-9Xは
空荷状態なのにA350-1000方が35トンも
軽いと言う結果が報告されています。

コックピットもカラーディスプレイの
タッチパネルを採用しているため

パイロットのワーク削減に役にたって
いるわけです。

その他には、主翼後縁が改良されたため
メインランディングギア(主脚)も6輪と
されています。

A350-1000は、主翼や胴体、エンジンといった
部分をシンプルかつ堅牢な設計が施された
まったく新しい設計の飛行機なんです。

A350が選定された理由?

JALの代表取締役の植木義晴氏のコメント

「A350を契約したのは、2013年10月

「エアバスの本拠地トゥールーズに
乗り込み、
実際に見て触って匂いまで嗅いで
これだなと確信した時の模様を語ってくれました。

高い信頼性?

A350-900は、世界の空を飛び回って早3年
ほとんどと、言っていいほど初期故障がなく

ノートラブルで、高い信頼性の上に成り立って
いた旅客機なのが採用された要因です。

先程も述べましたが、B787の開発が難航した原因が
「新技術を詰め込み過ぎた結果、旅客機の開発は
実験場ではない」と言う言葉に裏うちされたように

エアバスは、新技術は、使うがより堅実に
信頼性が高く使いやすい設計を重視した
成果だと思われます。

たとえば
エアバスは、コックピットの周辺を
炭素繊維複合材ではなく金属製を使用

それは、バードストライク(鳥などの衝突)などで
衝撃を受けると内部の層が剥がれ、強度が低下

しかしそのダメージを受けた部分を
発見することは、困難を極めるため
そこの部分を金属製にしたそうです。

B787 は、各システムを電気化し
たとえば、予圧や翼前縁の防氷や

車輪ブレーキも電気化されたため
就航当時は、ブレーキトラブルが続いたが

A350XWBは
車輪ブレーキは、油圧式なためトラブルがなく
完成された旅客機だと言えます。

快適性は?

炭素繊維複合材は、胴体に53%、チタンを14%使用。
強度と軽量化を進めた、ために機内の予圧を高めに出来

高度(6000フィート1829㍍)を低く保つ事ができるため
長時間のフライトでも疲れにくいのが特徴です。

その他には、B787は、換気する空気の量を
抑えてフィルターでろ過しながら空気の量を

増やしているのに対して、A350は、換気のための
空気量を増やして、常に新鮮な空気を循環させている
という違いがあります。

A350の特徴でもある「静粛性」は、最高レベルまで
達しており長時間のフライトには、無くてはならない
存在までになってきております。

就航はいつの日?

A350-900は、国内線に2019年就航

A350-1000は、導入時期も決まって
おらず、今の所、未定とのこと。

決まっていることは、運用上B777ー300ERの
後継機として位置づけられているのが
現在判明している所なんです。

スポンサーリンク

まとめ

現在エアバスのシェアは、15年連続で伸びていて
日本でのシェアも、2020年のなると30%に
到達すると予想されています。

今後は、JALの主力機としての地位を確率して
いくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

旅客機の翼先端に装着されてるウィングレット!その理由と効果は?
ANAのB787にエンジントラブル?JALとの明暗はなぜ?
B787-10がANAに来年3月導入!最新型のウワサとは?