google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 表札を玄関に取り付ける位置は?人気の素材選びと注意点? | 知りたがリスト

表札を玄関に取り付ける位置は?人気の素材選びと注意点?

表札とは
居住者の名前を記して家の門や
入り口に掲げる名の入った
札のことを指します。

その表札は素材・形・色・文字などを
組み合わせることによって自由に
その家のオリジナル表札が出来あがり

風水的にも玄関を彩る表札が運気を
左右すると言われているので
新しく表札を買われるあなたの
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

表札を玄関に取り付ける位置は?

無料画像表札 に対する画像結果

表札はその住んでいる家の顔になります。

せっかく立派な家を建てても表札が
大したものでなかったら台無しに。

また他人の目にもふれる所ですから
慎重に選ばれることをおすすめします。

無料画像表札 に対する画像結果

一般的に表札は門扉よりも外に設置することが
多くなります。

それは訪問者がいちいち中まで入って
来なければ名前を確認出来ないからで
訪問者からすれば面倒ですよね。

そういったことを考えると必然的に
表札を設置できる位置は決まってきます。

門柱・門扉・ポストの3箇所になりますね。

その中でも門柱は
最も適した位置になり右上や左上といった
ことも気にせずわかりやすければどこでも
良いのがおすすめするところです。

ポストは
ここも設置しやすい場所で表札が剥がれないように
接着剤などで固定しましょう。

門扉は
扉に直接取り付けるから注意が必要
扉の開閉が表札を取れやすくします。

広告リンク

家格をUPさせる表札

人気の素材選びとは?

表札に使用される素材は数多くあり
人気の材料の特徴を紹介します。

天然石・鉄・ステンレス
セラミックタイルの種類があり
自分で確認の上素材を決めましょう。

まず天然石
簡単に錆びたりかけたりしません
シンプルなデザインに加え強度も
充分なのでおすすめです。

一般に普及しているのがみかげ石で出来た
表札で縦や横書きにも対応

無料画像表札 に対する画像結果

鉄は

チャンネル文字などおしゃれなデザインに加工
されるため個性的な表札を作りたい方におすすめ

デメリットは塗装やコーティング加工といった
メンテナンス必要で特に錆びやすい素材なので

表面加工されています。塗装が剥がれて
しまったら塗り直しが必要になって来ます。

ステンレスは

エッチング加工と言う技術で名前を彫ります。
なのでスタイリッシュな印象をあたえますよ。

ステンレスはまったく錆びないわけではなく
特に海沿いの家では潮風の影響で錆びて
しまうんですよ。

無料画像表札 に対する画像結果

セラミックタイルは

洋風の家によく合う表札でタイルのデザイン性も
多用で人気が高いですが全体のバランスを考えて
お選び下さい。

無料画像表札 に対する画像結果

スポンサーリンク

取り付け時の注意点

表札の取り付ける時の注意点!
マンション等の集合住宅はユニットが
すでに備え付けられている場合が多く

そのためユニットと表札の違いによって
取り付けられないトラブルも発生することが
ありますので表札のサイズの確認が必要です。

また門扉に直接取り付ける場合は軽い
アルミ製が良いでしょう。

素材は強度・錆にくさ・加工のしやすさなどで
決めましょう。

マンションの表札の取り付けは選択肢が少ないため
決められた規格を確認し間違えることがないように
注意が必要です。

一戸建ての表札はかなり自由に選択出来ます。

だから
表札の素材や形ばかりではなく玄関の
トータルバランスを考えて決めたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

表札の素材や取り付け方について
書いてきましたがいかがでしたか?

表札はむかしに比べて掲げない人が
多くなりました。

特にマンション等の集合住宅においては
それは防犯上はわかりますがお互いを干渉しない
世の中になってきたということが問題ですね。

またよく言われる風水では表札を
掲げないと運気がさがるともいわれています。

表札の取り付け方ですが
やはり専門の工務店にお願いするほうが
見た目も安心できます。

前に言いましたが「表札」は
その人の「顔」です。

たくさんありすぎて迷うと
思いますが慎重に検討して
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする