google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html ネコ科で第1位に君臨するヒミツとは?適応力と忍びの術って? | 知りたがリスト

ネコ科で第1位に君臨するヒミツとは?適応力と忍びの術って?

今回も「ダーウィンが来た」を見て
ネコ科でもっとも繁栄したネコ科の
動物はどれかをお答え下さい。

(1)トラ
(2)チーター
(3)ヒョウ
  (4)ライオン

のうちのどれ?

意外や意外(3)のヒョウなんです。

ヒョウがネコ科で第1位に繁栄した
秘密を今回は、暴いていきましょう。

スポンサーリンク

ヒョウがネコ科第1位に君臨したヒ・ミ・ツ?

ヒョウ 豹 ひょう 木の上のヒョウ 野生のヒョウ ボツワナ共和国 ボツワナ モレミ野生動物保護区 モレミ 野生動物 野生の豹 横写真 日中のヒョウ 野生動物の姿 動物園にいる動物

適応力

ネコ科は40種、その中でもっとも
広範囲に生息しているのがヒョウと
いわれています。

森林や雑木林サバンナにある藪や
深い草むらのある岩場など様々な環境に
生息しており適応力にもすぐれている。

寒冷地帯のシベリア~東南アジアのジャングル
アラビア地方の乾燥地帯やアフリカの5600㍍の

キリマンジャロの山麓やアジアの5200㍍のヒマラヤ
山系にも姿が見られ生息域もかなり広い事が確認
されてます。

体毛の斑紋は、保護色の役割を果たしており
寒冷地に生息しているヒョウは体毛が7㌢もあり

下毛も密に、かたや熱帯にすんでいるヒョウは
毛が短くなっており、環境によって適応していることが
これでわかるでしょう。

おどろきの忍びの術?

ヒョウは昼間も行動するのですが
日中の暑い時間は樹上や藪の中
岩の間等で休んで主に夜間に
活動することが多くなってます。

狩りは単独でトラやライオンに比べて
吼え声はあまりたてなく草原だけじゃなく
木の上で待ち伏せ飛び降りて獲物を
倒したり「変幻自在」に出没するので
狙われる方は、「嫌な相手」

その大きな理由は、草原の高い木の上で
1日の大半を過ごすため見晴らしがきき

獲物が探しやすい。その獲物を見つけた場合
その距離やその場の状況を把握して近づいて行く

つまり「忍び足」で歩くのに適した
特徴がヒョウの足裏の肉球あるのです

その肉球は、柔らかいので足音をたてず
獲物に気づかれることなくすぐそばまで
忍びよることができ狩りの成功率は高い

また草原の草に隠れて低い姿勢のまま
ヒョウ柄がカムフラージュ効果があるため
気配を消して近づく事ができる

獲物を獲るまでが素早い、獲物にとっては
気づいた時には、すでに遅し!

まるで孫氏の兵法そのまま!

武田家の旗印「風林火山」

移動するときはのように速く
陣容はのように静かに敵方の
近くでも見破られにくく

攻撃するのはのように勢いに乗じて
どのような動きに出るか判らない

雰囲気は陰のように敵方の奇策や
陽動戦術に惑わされず陣形を崩さないのは

のように、攻撃の発端は敵の無策
想定外を突いて雷のように敵方を混乱させながら
実行されるべきであると言う意味である。

スポンサーリンク

獲物の種類が豊富

ヒョウがネコ科第1位に君臨した理由は
獲物の種類

たとえばチーター5種類・ライオンは12種類
なんですがヒョウは30種類以上

その獲物には中型のレイヨウ・シカや
ねずみなどの小動物それと木の上にいる鳥も襲い
その他には、爬虫類や魚と多岐にに及びます。

動物園 肉食 生き物 アニマル 豹 ひょう ヒョウ 目力

ヒョウの特徴とは?

見た目は、ほっそりしてますが
力は強く自分の体重の10倍の獲物を
倒すことができるそうです。

また木登りばかりではなく泳ぎもうまく
運動能力にも優れ獲物を狙うスピードは
60㌔にも達し、跳躍力も幅6m、高さ2.5m

なら難なく飛び越えられる事が出来ます。

自分の体重より重い
シカを木の上までくわえたまま
持ち上げる力は80㌔にもなるそうです。

行動範囲はオスで30㌔~80㌔
場所によりますが獲物の少ない
地域では800㌔もの距離を移動

このように他のネコ科の動物より
優れている点がおわかりに
なられたと思います。

身体の大きさ

チーター(オス)

体長 110㌢~140㌢
体重 40㌔~65㌔

ジャガー(オス)

体長 120㌢~180㌢
体重 60㌔~130㌔

ヒョウ(オス)

体長 140㌢~190㌢
体重 40㌔~80㌔

ライオン

体長 246㌢~284㌢
体重 145㌔~225㌔

トラ

体長 270㌢~315㌢
体重 185㌔~260㌔

という風にネコ科でNo.1になった理由は
ちょうどいい大きさでだった事で
俊敏性を獲得する事が出来ました。

スポンサーリンク

まとめ

今回はヒョウに焦点をあて
なぜネコ科動物のなかで
No.1の繁栄が出来た理由は

幅広い地域での適応力や
小動物をはじめ中型動物
はては魚を含め30種類以上の

獲物の豊富さまたは、身体が
ちょうどいい体格なため俊敏性を
備えた事が大繁栄した理由だと
確信しました。

人生にも適応力は必要だと実感した
今回の「ダーウィンが来た」でした

最後までお付き合い頂き感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スズメバチの活動時期や行動範囲は?襲われた時の退避行動は!
ツノトカゲVS刺客5番勝負!出るか「伝家の宝刀」目からビーム!
ヒアリの由来と生態そのイカダの秘密?刺された時の心構え!