google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 夏の風物詩ホタルの見頃は?乱舞する時間と点滅の不思議? | 知りたがリスト

夏の風物詩ホタルの見頃は?乱舞する時間と点滅の不思議?

「ホタル」と言えば
光を点滅させ、乱舞する姿は

見るものを「とりこ」させる
夏の風物詩のひとつにも数えられ

卒業式シーズンの定番と言えば
「蛍の光」が流れ、涙を誘います。

また
非業の死を遂げた人の怨霊が
「ホタル」に乗り移ったとされる

古い言い伝えも残っていて
代々語り継がれて来ました。

昔に比べて、見る機会は
めっきり、少なくなり

光を点滅させ舞う姿は美しく
時には、物悲しく感じさせる
  「ホタル」

今回は、そんな隠された
「ホタル」の生態を詳しく、
ご紹介して行きましょう。

スポンサーリンク

ホタルとは?

ヒメボタル乱舞

日本で、ホタルと呼ばれるのは

コウチュウ目・ホタル科に分類され
2000種もの「ホタル」が世界中に

存在するので、中には、夏ばかりではなく
冬に発光するのもいると言われておリます。

子供の頃、蛍狩りの唄として
「ホーホー蛍来い、こっちの水甘いぞ」

と歌った記憶は、あるかと。。。

日本で、「ホタル」と言えば
ゲンジボタルやヘイケボタルが有名ですが

その他に40種類もの「ホタル」がいるのです。

いつが見頃?

ヒメ蛍

一般的に「ホタル」の見頃は
初夏の頃や湿度の高い梅雨の時期と
言われておりますが

気温が温かい九州だと
5月頃には、見られるでしょう。

「ホタル」といえば、ゲンジボタルが
5~7月で、ヘイケボタルは6~8月
と言われております。

「ホタル」が飛ぶ時間帯は?

pyractomena borealis or "lightning bug"

「ホタル」が見れる時間帯は
1日3回で

1回目は、AM7~9:00

2回目は、AM11:00前後

3回目は、AM2:00前後との事。

「ホタル」が舞う条件

蛍の発光

■風がなく

■ムシムシして、湿度の高く温かい日

■雨が降っていない時間帯

■月明かりがなく曇っている日

 ※聞く所によりますと
  雨上がりが1番ベストだと

このように
「ホタル」と気象条件は、密接な関係に
そのため、天気予報は必須です。

例えば、森林に覆われている
地域では、比較的温暖(気温18℃)で

風の強い夜でも、たくさん
乱舞しているそうです。

地域によっても違いが見られるようですね、

スポンサーリンク

「ホタル」なぜ光るの?

蛍の夜

発光する「ホタル」には
腹部の後方に一定の体節に
発光器持っていて

酵素のルシフェラーゼと
   ルシフェリンの

化学反応で、光るとのこと。

ホタルの光は、熱を伴わない
冷光ですが他に、こんな実験をした所。

死んで乾燥した「ホタル」は
光らないですが
水に浸すと、再び発光すると。。。

不思議ですね~。

アメリカの研究チームの
発表によれば
脂肪酸代謝酵素は

「ホタル」が進化する
過程で、重複を起こしたため

1億年前に発光能力を
身につけたそうです。

発光する理由?

Firefly on grass at dusk

なぜ発光能力が身についたのかは
「食べるとまずいと言う警告色」や

「敵をおどかすため」などと
言う説がありましたが

「交尾のため発光」
現在、もっとも有力な説と
言われています。

そして、不思議なことに
卵や幼虫の時はほとんどの
種類が発光するとの事。

成虫になると夜行性の
「ホタル」は、大半が発光。

昼行性は、発光するのが
すごく少ないと。

その変わり「性フェロモン」で
交信していると、言われています。

「ホタル」の点滅時間とは?

「ホタル」が光を点滅させるのは
オスがメスに求愛の合図を送るためで

お互い相手を間違えないように
種類によっても、光の色や点滅時間が
微妙に違っているそうです。

また、同じゲンジボタルでも違い

東日本では、4秒間隔に1回

西日本では、2秒間隔で1回

東西の境界あたりでは、
      3秒間隔で1回

なんだそうです。
本当理由は、今の所わかりません。

水生のホタルの生態とは?

ゲンジボタルやヘイケボタルの
幼虫は、水生で、カワニナ

ヒメモノアラガイなどの
淡水に棲む、巻き貝を捕食し

老熟すると、陸に上がり
小室を作ってサナギになる

水生のゲンジボタルでは

成虫(6月中旬)→産卵(6月下旬)→
孵化(7月上旬)→老熟幼虫(翌年5月上旬)
→蛹(5月中旬)→成虫となっており

成虫期間は10~15日前後

昼行性のホタルより
夜行性のホタルは

目が大きく、触角は
短いと言われています。

陸生のホタルの生態?

ヒメボタル乱舞

陸生のホタルは、いまだ、
謎の部分が多いのです。

陸生の種類では、ヒメボタルを飼育

産卵(7月中旬)→孵化(8月下旬)→
蛹(翌々年5月下旬)→成虫(6月上旬)と
2年を要した記録が残っていました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

「ホタル」もセミと一緒で
成虫になってから1~2週間で
死んでしまうとは。。。

また成虫になってから
餌も食べないで「水」だけで
過酷な運命!

私が
もし次に生まれ変わるとしたら
「ホタル」には、なれませんね。

それでも、子孫を残す使命を
果たさなければ、人間からみると
物悲しい一生?

地球で、生まれ、生活して行くには
人間も動植物も大きな試練が与えられ

それを乗り越えるのが
私達に課せられて使命なのでしょうか?

そんなことを考えながら
今年の夏は、不思議な生き物

「ホタル狩り」を楽しんで
見ませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

七夕の願い事ランキングは?いくつまでなら願いが叶う?
「あさり」潮干狩りの時期は?生きたまま持ち帰える裏ワザとは?
潮干狩り2019年?簡単なアサリのとり方と保存方法!