google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 護国神社(福岡)に初めて行って見て感じたこと! | 知りたがリスト

護国神社(福岡)に初めて行って見て感じたこと!

今は、季節で言うと梅雨

今日は、偶然に雨が降ってなく
曇り空でしたので護国神社に
行ってきました。

そもそも、なぜ私が護国神社に
行こうと思ったのはたびたび近くを通って
目にするあの大きな鳥居に魅了された
からに他ならないのです。

護国神社に初めて行って感じたことを
リポートします。

スポンサーリンク

護国神社とは

護国神社

         一の鳥居

この歩いてる人と比べて見るとその大きさがわかるでしょう。

護国神社のシンボルである大鳥居は、高さ13m
柱の径は160cmのヒノキ製で当時日本領の台湾
から

切り出され博多港に陸揚げされた後、近くの学校児童の
綱引きとコロ方式により運ばれたのですがたくさんの
労力と時間がかかったそうです。

護国神社の歴史は、明治元年に
福岡県内6か所に招魂社が創建され
平野国臣など幕末に倒れた勤王の
志士らが祀(まつ)られています。

昭和14年に福岡護国神社に改称
昭和18年には、それまで県内に4つの
護国神社があったのを統合して

「福岡県護国神社」に改称、
大戦後は「正中宮」と称してましたが

1957年、元の「福岡県護国神社」に
なり今まで続いてます。

境内の広さは、46,000ヘクタールの
緑地が都心の憩いの場になっています。

      どこまでも続く参道
       趣(おもむき)がありますね。

                   手水舎

                        平和の像

 昭和51年6月建立され
    

    太平洋戦争によりたおれし戦士二百五十万人
    痛恨なり本県の御霊八万八千余に及ぶ。

       永遠につきざる縁者の断腸の思い。
       ここに万感を込め、この神域に‘平和の像‘を建立

     優しかし父よ、愛しき夫よ、子らよ、
     兄弟よ、願わくば、空高く、海青く
     緑深きわがふるさとにやすらぎを給え」

                       二の鳥居より見た参道

                              拝殿


夏越の大祓式とは
     半年間の「穢や」「悩み」を
     人形に託し「おはらい」する神事です

スポンサーリンク

みたままつり

2018年8月13日~8月16日

ご先祖、英霊への感謝の思いを伝え
平和を祈願するお盆のお祭りです。

境内いっぱいに灯された6000あまりの
提灯が夏の夜空を照らします。

掘り出し稲荷神社とは?

大正年間、福岡歩兵連隊兵士の夢枕に
稲荷神が立たれ

「吾は祐徳稲荷の弟なり
 永き年月埋められたままである
 今こそ吾を掘り出し、吾を祀れ」

  ご信託が下りその処から稲荷神の
  御神体が掘り出されました。

その史実に基づいて「堀出稲荷」命名されました。

ご神徳
五穀豊穣・商売繁盛・家運繁栄・大漁満足

スポンサーリンク

まとめ

都会の中にたたずむ広大な緑地の護国神社
広々とした境内の中で深呼吸をすると
「汚れ」がお祓いできたような気がしました。

お盆期間に「みたままつり」も執り行われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. You have mentіoned very interesting points!
    ps decent site.

鳥飼八幡宮といえば縁結び!なでうしと不老水で健康運UP!
光雲神社(福岡)謡鶴の一声でご利益UP?幸運の鈴で春を呼べ!
節分祭(福岡市)櫛田・住吉・東長寺を巡る!福をゲットする方法!