google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html dヒッツとは何?無料おためし期間~登録方法から使い方まで! | 知りたがリスト

dヒッツとは何?無料おためし期間~登録方法から使い方まで!

今は、まさにストリーミング時代。

ストリーミングとは?
ファイルをダウンロードしながら同時に
再生をすることにより待ち時間を大幅に
短縮することを言うのです。

まさに生活の一部になってしまった音楽

この度ドコモより音楽配信サービスされている
      「dヒッツ」

聞くところによると人気アーティスト数は
NO.1で無料期間を過ぎても540円で
配信サービスを受けることができるなどなど。。

もっと詳しくリサーチします。

広告リンク

「dヒッツ」とは何?

まずはじめに「dヒッツ」の
サービスコンセプトは

あなたの音楽生活との出会いと
再開をデザインします。

「日常生活に音楽を」

「より音楽との出会うきっかけを
増やしていきます」

「dヒッツ」はネットに接続しながらの
音楽聴き放題サービスなのでWi-Fiなしだと

オフライン再生の機能を使わない限り
データ通信量が増えるため大幅に消費します。

スポンサーリンク

登録方法

「dヒッツ」は、ドコモのアプリなので
携帯電話を契約している人しか使えないと

思われがちですがドコモ以外の人は
アカウントをつくれば利用できます。

お試し無料期間(31日)がありますので
まずは登録して試聴されてみれば
どうしても興味がなければ解約もOKですので!

終了後も継続されるなら月額500円の
定額サービス!が利用できます。

他の音楽配信サービスは、1000円近くの
料金設定なのに「dヒッツ」は半額の
540円(税込み)で楽曲数も450万曲以上

「dヒッツ」は月額300円と月額500円の
バージョンがあり
「Myヒッツ」を登録できる
月額500円コースがおすす
めです。

「dヒッツ」は最初、驚かれるかもしれませんが
曲ごとではなく、プログラムごとに配信されるので

お気に入りのアーティストの曲が聞きたいと思っても
プログラムごとに聴く必要に迫られるためご注意を!

スポンサーリンク

「dヒッツ」の使い方

配信プログラムは約5000近く用意されているので
自分の聴きたい曲を見つけたらその曲順まで
スキップしたうえでないと聴くことができないのです。

例えば聴きたい曲が10番目にあるとしたら
最初から順に再生して聴いて行くか

自分が聴きたい曲までスキップして行くかは
あなたの自由。これを不便とか面倒くさいと
感じるかはあなたしだい!

でも「捨てる神もいれば救う神もいるのです。」
ここに登場するのが「Myヒッツ」

わかりやすく説明すれば自分で登録した
お気に入りの楽曲なんです。

数としては毎月10曲それを6ヶ月
つまり計60曲~70曲、何故かここに
幅があるみたいなのです。

一度登録した曲は、Myヒッツから
外すことができないそうです。

月に10曲しかMyヒッツに登録できないので
繰り返し聴きたい曲のみの選考になります。

メリット

初回31日間お試し無料期間

他の音楽配信サービスよりも半額の540円

ドコモ以外の人もアカウントをつくれば
利用できる。

配信している人気アーティスト数がNO.1

デメリット

Myヒッツに制限あり毎月10曲づつしか登録できない

この歌をカラオケで歌いたいから覚えたいとか
そういう場合に利用すればすむことなので
月に10曲もあれば十分だと思います。

お気に入りの楽曲を聴きたいときスキップするか
そのまま再生してすべての曲を聞くか
二者択一なのです。

繰り返し聴きたいなら「Myヒッツ」に登録して
聴いたほうがいいと思います。

このデメリットと書きましたが
考えようによってはそんなに不便とは
私は感じませんでした。

この「dヒッツ」は最近の流行歌を低価格で
いっぱい聴きたい人向けだと思います

無料お試し期間も31日間あります。
利用してみて見る価値のある
配信サービスですよ。

スポンサーリンク

解約方法

むかし私の場合は、前に動画配信のお試し無料動画を
契約してたんですが解約する手順とかはっきり書いてない
ところがありますのでご注意を!!

ドコモのアカウントにログインし
ご契約内容確認・変更をクリック!

まとめ

「dヒッツ」のメリットやデメリットの
両面から検証してみました。

あなたはどう感じられましたか?

私は、この金額でこのサービスは
満足してもいいと思います。

音楽配信サービスですのでBGMとして
聴いているのが一番いいと思えるのですが

気にいった曲があれば「Myヒッツ」に
登録、私がおすすめする
この使い方がベストだと思いません?

今回も最後までお付き合いいただき感謝いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ili(イリー)の同時翻訳で海外旅行がワクワク!気になる充電は?