google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 政府専用機B777来年4月運用開始! | 知りたがリスト

政府専用機B777来年4月運用開始!

2018年8月17日に北海道の千歳空港に午前7:51に
着陸したのは、新政府専用機B777ー300ER

この政府専用機は、2機体制で運用され
もう1機は今年の12月に到着予定に
なっております。

運行予定は来年4月以降になるもよう

しかしなぜB777になったのかその選定基準や

政府専用機のパイロットになるには
どのコースで学べばいいのかなど
中心に話をすすめて行きます。

スポンサーリンク

B777来年4月運行予定!

B777-300ERが選定された理由?

その前になぜB777-300ERが選定された理由から
説明していきます。

けっこう雑誌などで取り上げられて、もうご存知の方も
多いと思いますが、よろしかったらお付き合いください。

今から4年前に政府の専用機検討委員会なるものが発足

そこで次期政府専用機の機種選定条件として

1)アメリカ東海岸までの航続距離

2)天皇や総理大臣の輸送に必要な装備
 (貴賓室、執務室、秘匿通信室)随行員などの
  座席のスペースを確保できること

3)日本国内で民間航空会社による
  整備体制が確保できること

の3点が重要視され選定作業に入ります。

関連記事

ANAのA380来春就航へ!

B787-10がANAに来年3月導入!

他の競合機種は?

B777は、この時点では、JALに13機
ANAは19機を保有しており
整備体制の面からは、すでに整っていました。

その他に候補に上がっていた
B787は、貴賓室や執務室、随行員などに
対して十分なスペースが足りないと言う
理由で候補より脱落

一方777Xの初飛行は今年の年末から2019年の
初め頃、いくらB777-300ERの後継機だからと
言ってまだ開発中の機体だからリスクは高いと
思われるのでこの時点で脱落。

かたやA350は、日本企業の製造分担比率が
B777の21%に対して1桁なのと日米同盟や

日米の貿易摩擦によっていつものように
言い方は悪いですがB777-300ERを
「買わされた」のでしょうね!

機体のデザイン

まず目をひいたのは、真新しく白を基調とした機体に
前部からウエーブのかかった赤のラインが後部の向けて
∨字状にデザインされてて印象的でしたね。

これは日章旗をモチーフに考えられたんですよ。

政府専用機のパイロットになるには?

政府専用機は、整備とパイロットの教育はANAが
行いますが、管理は千歳基地の「特別航空輸送隊」に
所属するためパイロットを含め乗務員はすべて
航空自衛隊の管轄になります。

当然ながらパイロットは、腕利きばかりではいけません。
それは、天皇・皇后陛下や内閣総理大臣初めVIP御用達の

飛行機。機長としての責任がものすごく重大で
並のパイロットでは出来ないことがおわかりに
なられましたか?

このため政府専用機のパイロットを目指すなら
航空自衛隊に入るのがベスト

また軍人なので政治的に反社会的思想や
家族信条など調査されることもあります。

何故かと言うと政府専用機は、機密だらけ

また邦人救出のために戦地にゆく可能性も
出てくるので当然「国のため」に命を投げ出す
覚悟がないと務まりません。

スポンサーリンク

まとめ

今度の政府専用機の感想はいかかでしたか?

政府専用機に乗務するのは航空自衛隊の人たち
でANAは、訓練と整備の支援を行います。

国の顔としての政府専用機なので勤務も
非常に危険を伴うことも出てくるかも

知れませんが、私たち国民が飛んでいる
姿を見ると「誇らしく見えるのは確かですね」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ANAのA380来春就航へ!成田~ホノルル線は特別塗装機!
ANAのB787にエンジントラブル?JALとの明暗はなぜ?
B787-10がANAに来年3月導入!最新型のウワサとは?