google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html ANAのA380来年5月24日就航!ホノルル線の予約開始! | 知りたがリスト

ANAのA380来年5月24日就航!ホノルル線の予約開始!

長い間~ホノルル線はJALが50%
近くのシェアを維持し他の追随を
許さないで来ました。

いつまでもJALの独壇場は許さじと
ANAの反撃が始まろうとしています。

ANAホールディングス(ANAHD)は
傘下企業の全日本空輸(ANA/NH)に

2019年春にA380を5月24日に受領し
就航させる計画を進めています。

B747ジャンボジェット以来の大型飛行機
総2階建てシートの数は520席

ファーストクラスには、シートはドア付きの
個室型を装備と快適な空の旅が実現します。

今回、新たに塗装された
「フライング・ホヌ」(空飛ぶウミガメ)

むかし「憧れのハワイ航路」という歌がありましたが

成田~ホノルル線と
  羽田~ホノルル線に登場
     また空の旅が楽しくなりそう!

An Air France Airbus A380 aircraft is towed toward the runway at Charles de Gaulle Airport in Paris France The A380 is the world's largest commercial...

いよいよA308型機~ホノルル線・予約開始!

ANAは、来年5月24日から

成田~ホノルル線の運行ダイヤと

航空券の予約・販売を開始しました。

今回、新しく導入するファーストクラスと
エコノミークラスに仕様される
「ANA COUCHI」(カウチ)の予約・販売を

2019年1月10日15:00より販売開始

そして、今までB787型機で承っていた
ビジネス・エコノミー・プレミアムエコノミー

各々クラスは、1月4日以降順次A380に
変更していく予定になっております。

A380のハワイ・ホノルル線の就航を記念して
最大半額となる記念キャンペーンも
目玉商品としてご用意致しました

運行ダイヤ

2019年5月24日(金」より週3往復(火・金・日)
A380型機で運行、その他の曜日は、B787-9型機で運行

路線 成田=ホノルル
ダイヤ (現地時間)
NH184 成田 20:20 ⇒ ホノルル 8:40

NH183 ホノルル 11:30 ⇒ 成田 15:00(翌日)

2019年7月1日(月)から上記の便に加えて
以下のダイヤをA380型機で運行致します。

成田=ホノルル
ダイヤ (現地時間)
NH182 成田 21:35 ⇒ ホノルル 10:10

NH181 ホノルル 12:45 ⇒ 成田 16:00(翌日)

ファーストクラス運賃

路線 出発日 運賃(往復)
成田=ホノルル 2019 年 5 月 24 日~ 350,000 円~

来年5月24日にホノルル線に就航!

※ファーストクラス特典航空券について
 日本発必要マイル数(往復)

L (ローシーズン)

R (レギュラーシーズン)
         120,000 マイル

H (ハイシーズン)

         129,000 マイル

                          

料金表

座席 利用人数

 就航記念 キャンペーン  ローシーズン      ハイシーズン  
3 名 4,500 円      9,000 円         9,000 円

2 名 9,500 円      19,000 円        49,000 円

1 名 59,000 円     59,000 円        169,000 円

ローシーズンに 3 席シートを
大人 2 名、子供 1 名の 3 名で利用する場合
            追加料金は 3 名で 9,000 円

ローシーズンに 3 席シートを
大人 2 名で利用する場合
        追加料金は 2 名で 19,000 円

                          ANAニュースより引用

この路線のシェアは、現在15%でA380が3機そろう
2020年には、25%の引き上げを目指します。

A380の受け入れの進捗状況は?

ANAのA380
機体番号「JA381A]「JA382A]「JA383A]
で登録する予定。

2018年12月13日にお披露目された

1号機は、16色の塗料が合わせて3300㍑使用され
120人の人々が21日がかりで完成との事。

複雑な塗装でしたが、青を基調とした色で
本当にきれいな仕上がりになりました。

初号機となる
「JA381A」は、2019年3月に

「JA382A」は、2019年5月に

「JA383A」は、2019年11月に

それぞれ受領することになりました。

「JA381A]の1号機はハンブルグで
      内装や塗装作業に入っており
      12月中旬に完成

「JA382A]の2号機は、ツールーズで最終組立中

「JA383A]の3号機は、パーツ製造段階にあるとのこと。

受け入れする方向で

成田空港では
格納庫を大型機対応に改修。

成田南W5サテに2階対応搭乗橋は
来秋に完成。

羽田空港では
第2ビル”サテライト”が完成

12月10日に供用開始でANAも準備を
着々とすすめています。

A380の特徴は?

A380は
世界初の総2階建ての旅客機で
「空飛ぶホテル」の異名を持っていて

B747よりも機体サイズは、小さく抑えながら
乗客は、より多くのせられるように

現在、世界最大の飛行機になりました。

機体の長さは、72.3mと

B747-8   76.3m

B777-300 73.9m

A340    75.5m

と及ばないですが

全高は、垂直尾翼の先端まで
24.1mあり、これはビルの高さで
言えば、8階建てのビルと一緒

横幅も左右の主翼の端から端まで
79.8m、主翼の面積はバスケットボールの

コートが(420平方メートル)なので
左右一面ずつ出来る計算!

そして、最大の特徴は、静粛性です。

ボーイング社の飛行機よりエアバス社の
旅客機は、特にA380は飛びぬけて静か

それと、機体が大きいと地上での移動の時、
乗り心地もなめらかで、離陸時もB747よりも

離着陸スピードが低く抑えられているので
「スピード感」は感じられないかも知れませんが

安定性と重厚感は、体感出来ると思います。

A380が機体サイズをあまり大きくしない理由?

空港が
B747のサイズの基準に整備されていたために
それ以上大きいと地上の移動に支障をきたすため

各空港の関係者と協議した結果80mならば
ほぼ、どこの空港も受け入れ可能とのことで
A380の全長が79.8mに決まった理由なんです。

また座席数は、胴体を広げて
3本通路にする予定だったのですが

「乗客は、緊急時90秒で脱出できなければならないと言う

規定にあるため断念、全幅も広げすぎると
翼面積が取れなくなる結果、総2階建ての

アッパーデッキのĀ380が誕生するこことなり
B747の1,5倍の座席数を確保出来るようになったと
言うことです。

今までエアバス社は、ボーイング社の後塵を
排してきたわけですが、ここで、ようやく対抗できる機種
A380の登場で肩を並べることができました。

機内のレイアウトの多様性?

A380の特徴として座席以外に

使用出来るスペースが広く

アイデア次第でさまざまな座席設定や

キャビン設計の可能性が広がります

たとえば
A380導入のエアラインは525席という
メーカーの設定に対して500席以下の

シート数でキャビン設計をした会社が多いと
言われておりますが

それは、余裕のある居住性を追求した結果、

個室型のファーストクラスが
その機内に誕生したわけなんです。

フライトマップ導入?

フライトマップ「FlightPath3D」を導入する
50番目の航空会社にANAになったと発表がありました。

利用する人の操作によって、3次元的に視点に変え
コックピット内や機窓の様子などを自由に変えられる操作ができ

フライトマップで、その他に観光情報も閲覧できるのです。

ノルウェージャン・エアラインがB787型に搭載したのが始まりで
約5年間で50の航空会社が導入し、年間2億7500万人以上が
利用していることがわかっています。

これが、嬉しいことに2019年に導入する

A380型機の「FLYING HONU」に

「ANA Flight Path 3D」を導入すると発表

ANAは、B787-9型機に導入していた
「ANA SKY MAP SYSTEM」をさらに
バージョンアップした新3Dタイプの地図なんです。

3Dマップビュー: 画面をタッチし、自由にマップを動かすことが可能。
          3Dなので見る角度を変えることもできる。

コックピットビュー/
ウィンドウビュー: 
飛行機が飛んでいる位置からの
                   景色を見ることができる。

ストリートビュー: 拡大するといくつかの都市のストリートビューを
          見ることができる。

観光情報    : 地図上から東京やホノルルなどの観光情報を参照

                                     トラベルWatchより

まさに「空飛ぶホテル?」

成田からハワイ向けリゾート路線を
拡充するため、投入されるのが期待のA380!

導入ルートはANAの中でも人気が高い
    成田~ホノルル線


ANAの成田~ホノルル線に
初のファーストクラスを設定し
これまた日本初のドアを備えた

個室型シートを導入するなど
ANAの成田~ホノルル線への
意気込みが感じられますね。

またビジネスクラスにも家族や
カップルが隣同士で
座れる
ペアシートを取り入れたり

そのほかにベットとしても使える

「カウチシート」も60席と
ゴージャスに装備され
快適な空の旅を満喫できそう!

A380の運行は?

ANAのA380によるハワイ路線は

成田~ホノルル線   1日2往復

羽田~ホノルル線   1日1往復

の計3往復を予定するなど

このドル箱と言われる航路線に
ANAがどれくらいJALの牙城に

切り込めるのか今後の課題に
なってくるでしょう。

その他にもユナイテッド航空(UAL/UA)が

成田~ホノルル線を1日1往復する

コードシェア(共同運行)を行ってます。

また成田~ホノルル線はビジネスマンが
出張で貯めたマイルを家族旅行に使ったりする

など特典航空券の人気が高くなっているので
需要が望めるとANAの期待が上昇中!

 ANAの成田~ホノルル線は特別塗装機!

A380が導入されるのは先ほどお伝えしましたが

ハワイで神聖な生き物として愛されている

「フライング・ホヌ」(空飛ぶウミガメ)で

3機とも特別塗装機になります。

そのうち内訳はウミガメをモチーフに

ハワイの空      青(ANAブルー)

ハワイの海     深緑(エメラルドグリーン)

ハワイの夕日    オレンジ(サンセットオレンジ)と

各機いろ違いで、空の旅がお子様でなくとも楽しめそうです。

スポンサーリンク

座席数の内訳

座席数は4クラス520席

アッパーデッキ(2階席) 

   ファースト席   8席

   ビジネス席    56席

プレミアムエコノミー  73席

メインデッキ(1階席)

  すべてエコノミー席  383席
  うち後方にカウチシート  60席

このカウチシートは、レッグレストを
上げて3~4席をベットのように
利用することができ、小さなお子様連れでも

横になってゆっくり休めるように専用の
寝具も用意されています。

カウチシートはエコノミークラス運賃に
プラス料金で利用でき

※ 各クラスには、バーカウンターがあり
  軽食やドリンクが自由に楽しめます。

各クラスともに
モニター、AC電源、USB電源などを利用できる

ファーストクラスは
スライドドア付きの個室仕様で
大型テーブルやクローゼットなどを設置

機内食やアメニティーなども一

機内食も、A380の就航に合わせて一新され

■エコノミークラスの日本発便は、ハワイの
          人気ダイニング「bills」との
             コラボにより提供

■プレミアムエコノミーは「専用メニュー」

■ビジネスクラスは「洋食にハワイアンメニュー」
         を用意

■ファーストクラスホノルル発便
            フォーシーズンズ・ホテルズ&
            リゾーツ内のイタリアンレストラン
         「Noe」とのコラボにより提供されます。

ハワイらしい景観を「朝日」「星空」「虹」
などをイメージした機内の照明や
            

着替えや授乳等、幅広く利用できる
多目的ルームも設置されてます。

※2019年からホノルルでチャーター便を
用意して、オアフ島以外の離島への乗り継ぎ
サービスも提供。

この候補に7人乗りの小型機
ホンダの自信作「ホンダジェット」の予定。

ボーイング747と違い2階席も通路が2ヶ所あるため
乗り降りの際など混雑が少なくなって助かりますよね。

2階建ての客室(主デッキ)では最大幅6.58㍍
ジャンボジェット機B747-400より45.7㌢広く

また上部デッキの客室最大幅5.92㍍でエアバス社の
飛行機と比べても最大幅5.62㍍よりわずかに広い。

名前の由来

A340 ⇒ A350とくれば、
   ⇓

次はA360のはずが

   ⇓
なぜA380になったのか?

それは航続距離(燃料を最大積んで飛べる距離)が
8,000マイルに伸び、中国市場を開拓するためには

「末広がり」を意味する
使いたかったのでA380になったと言われています。

関連記事

B787-10がANAに来年3月導入!

ANAのB787にエンジントラブル?

政府専用機B777来年4月運用開始!

Airliner

特典航空券のメリットとは?

A380の運行開始に伴ってハワイ線の特典航空券の
提供座席数を増やすことを明言してましたが

更に今回は、対象外であったプレミアムエコノミーも
特典航空券で利用出来るように改定する
との事

マイル使用範囲拡大?

また今回は、嬉しい発表が

それは、ハワイ滞在中に必要な
ホテルやレンタカー・さらにオプショナルツアー
免税店やショップでのお買い物も活用範囲に

また専用サイト「ANA HAWAii for ANA」を開設

「VELTRA」と提携することで、マイルを使った
オプショナルツアーに申し込みが出来る他

空港送迎、人気レストランのコースメニュー
更には免税店「Tギャラリア ハワイ by DFS」や

日本人に人気のある「ABC STORES HAWAII」での
買い物に使えるカード式のショッピング商品券への
交換も可能となる

マイルを使ったアクティビティやレストラン
ショッピング商品券などはANAグループの

旅行会社であるANAセールスが展開する
カラカウア通り沿いのワイキキ・ショッピングプラザ内の

「マハロラウンジ」で直接申し込みすることもできるそうです。

ワイキキ~アラモアナセンター
ANA便利用者向けの無料バスを運行

 もう1つの強化部分は「ホノルルにおける受け入れ体制の強化」、

ANA便でハワイに到着したANAマイレージクラブ会員を対象に
ワイキキ中心部にあるTギャラリアから」

大型ショッピングモールとして日本人に
大人気の「アラモアナセンターまで」の区間において

無料の電気バス
「ANAエクスプレスバス」(座席は31席だが立ち乗りも可)を運行

これまでもトロリーや路線バスなどでもアクセスできるが
2地点をダイレクトに結ぶことによるメリットは大きい。

所要時間は片道12分で、運行間隔も15分間隔であることで利便性が高い

 ANAマイレージクラブは 年会費も不要 なので
入会してANA便を利用するだけで無料で使えることは

メリットがあるだろう。気軽に利用できることから、
他社利用との差別化にもなる。

まとめ

世界最大のA380がいよいよ来年5月24日就航!

この路線は、今までJAL&ハワイアンが
50%のシェアを占めてきました。

しかしANAがA380を成田~ホノルル線に
導入すればANAの巻き返しが期待できます。

B747以来の大量輸送が復活しましたね。

ハワイの方でも着々と受け入れ体制が
整って来ています。

ANAにとってもお客さんにとっても
快適な旅が可能になりそうです。

マイルの利用範囲が広がり
利用者も満足。

ますますハワイが近くなりますね。

大勢の人を一度に目的地に運ぶ事ができるのは
航空会社にとって効率的だと思いますし
利用者する「あなた」にとっても便利になります。

しかし
空の安全性はAIなど人工知能を使って向上は
してる筈ですが100%の安全はないと言う事を
肝に命じて運行されることをお願います。

来年5月24日に第1便が
ハワイへ飛び立つ姿が見れそうですね。

しかし、このA380の
「フライング・ホヌ」(空飛ぶウミガメ)に乗って
ハワイに行って見たくなるのは、私だけでは、ありませんよね。

またA380の就航によってハワイ旅行が
一段と魅力あるものになるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

旅客機の翼先端に装着されてるウィングレット!その理由と効果は?
A350-1000はJALが導入予定!その特徴と就航はいつ頃?
ANAのB787にエンジントラブル?JALとの明暗はなぜ?