google-site-verification: googlea24a52b415544bde.html 5月人形おしゃれで人気の兜とは?いつからいつまで飾るの? | 知りたがリスト

5月人形おしゃれで人気の兜とは?いつからいつまで飾るの?

五月人形は、江戸時代に入り
「菖蒲」の音が、武を重んじる

「尚武」と同じという事で

「端午の節句」は
「尚武の節句として

武家社会の間で、盛んに
お祝いされるようになりました。

男の子の誕生は、跡継ぎとして
無事成長して、いくことを祈り

一族の繁栄を願って、重要な
行事となって、行ったのです。

そういう事で、男の子の成長を
願った5月人形。時代は変われど

コンパクトで、美しく人気の兜を
紹介いたしましょう。

 おしゃれで人気の兜を紹介!

5月人形の兜の種類は?

これから人気の兜を紹介していきますが

5月人形の飾りにも以下のような種類が
あります。

端午の節句

「鎧飾り」……鎧に諸道具を組み合わせて飾るタイプ。
       男の子らしい力強さや迫力があります。

Traditional Japanese events Boys' festival

「兜飾り」……兜を中心にした一式で
       精巧な細工も見どころです。

「収納飾り」……飾り台となる箱の中に兜などを
        しまう事が出来るタイプ

立派な子供武者

「着用兜」…… お子様が実際にかぶる事のできる兜

端午の節句

「ケース飾り」……こちらは、兜やお道具がすべてガラスや
アクリル製のケースの中に固定されていて出し入れも簡単

  金太郎人形

  「武者人形」・・・金太郎や桃太郎・子ども姿の武将を
           あらわした物

5月人形のルーツ

五月人形の兜をかぶった猫

5月5日は、「端午の節句」

五月晴れの大空に泳ぐ「鯉のぼり」
家の中では、「武者人形」や「兜」が
飾られ、男の子の成長をお祝いする日。

「端午」の「端」は
はじめの意味で
最初の午の日にお祝いしたためで

古代中国では「端午の節句」には
外に出て野草をつんだり

外遊びをしたりした日と
いわれております。

意外なのは、「端午の節句」は

始め、女性の日だったのです。

現在では、奇数は
「幸運を運んで来る」と
言われていますが、

この頃の5月5日は、奇数が重なる
最も縁起の悪い日と言われ

おまけに、プラスすると10と言う
偶数になるため、この日は、身を慎み
けがれを祓(はら)ったそうです。

苗を植える女性を
「早乙女」と言いますが

一夜の「忌ごもり」
(家にこもり、身を清める)

儀式を行ったとされ
そのようなことから

「端午の節句」は
この当時は、女性の
節句だったのです。

「菖蒲」は

花がつかないと、されていますが
香りが強く、虫がつかないところから

「災いを祓う」力があると信じられ
「菖蒲湯」で身を清めたり
軒下に吊るしたりしていました。

「チマキ」を食べるのも
「厄除け」のためで、包んでいる
「笹の葉」の先が尖っているところから

「厄を祓う」植物だと,信じられ
「笹の葉」には、殺菌効果により

食べ物が腐りにくい点が
「厄除け」がなると言われております。

時が移り、江戸時代になると、その様式は
変化し、武家社会では、跡継ぎとして
立身出世を願う男の子の誕生を祝って

初節句には、作り物の兜を飾ったそうです。

武家ばかりではなく、庶民にもこれが広まり
勇ましい武者人形をつけた,作り物を屋外に
飾ったそうです。

それが現在、室内に飾られる「5月人形」と
なってきました。

身分の差があっても人々が
子供の誕生を祝い喜び、その健やかな
成長と幸せな一生を贈るものが

「5月人形」に託した親心なんですね。

 飾る場所はどこがいいの?

その前にどこに置いた方が、いいのか
よく見える場所を決めたいと思います。

一番避けていただきたいのは
直射日光の当たる場所で、

衣装の変色や退色の原因にも
なるので、ご注意して頂きたい

また収納スペースも重要で
飾る1ヶ月弱以外は
ほとんど収納するわけですから

直射日光が当たらず
湿気の少ない場所が理想的です。

五月人形 五月五日 子供の日 男の子の節句 冑 鎧 鎧冑 武士

5月人形はいつから?

5月人形を飾るのは
遅くとも4月中旬ぐらいが
いいのでは、ないでしょうか。

最近は、両親とも仕事を
されているので、なかなか子供との
時間を取れない家庭が多いと

思いますが、年に1回のお節句
対話を含めて一緒にいる時間を
大事にしたいですね。

「端午の節句」が済みましたら
天気のいい5月中旬までには
しまいましょう。

まとめ

時代の移り変わりと共に
「端午の節句」も
様変わりしてきました。

日本人は、戦の道具だった
鎧や兜・刀に至るまで
最高の技術を注ぎ込み
芸術品に仕上げてきました。

「端午の節句」は、男の子の
成長を願った日本古来からの

風習です。また「鯉のぼり」は
我が子の出世を願うものとして
建てられて来ました。

最後まで、お付き合い頂きありがとう
ございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

端午の節句と「鯉のぼり」の由来?ちまきを食べるのはなぜ?
佐世保喧嘩独楽の遊び方?いきながしょうもんしょうくらべとは?
喧嘩独楽の遊び方!いきながしょうもんしょうくらべって?